歩きがつらない為のストレッチング戦略

MENU

歩きがつらない為のストレッチング戦略

足がつる,ストレッチング

 

徒歩がつらない為のストレッチング技にあたって近道といった予防構想に関して説明していきます。

 

足がつるのは、筋肉が緊張しているからだ。筋肉の緊張しているにも関わらず、それに気づかずに筋を伸張してしまうことで筋に扇動が生じ攣縮を起こしてしまう。

 

これが足がつる絡繰だ。まず第一に、筋のドキドキを緩めて上げる事が徒歩がつらない為に必要な事です。

 

では具体的にいつの筋のドキドキを緩めて差し上げると徒歩がつらない為に重要かを説明していきます。

 

人間の筋肉は大きく分けて、立場を保持する筋肉といった動きを動かすために手っ取り早く移せる筋肉に大別できます。

 

専門的には赤筋・白筋と呼ばれるものだ。こういう立場を保持する筋肉は体の下実情に関しましている。

 

徒歩で言うとふくらはぎ・膝の背面・大腿の背面・お尻・背中だ。これらの筋肉は素早い動きをお家芸と控える反面、いつも働いてあり、立場を保つのには重要です。

 

足がつる,ストレッチング

 

上り仕事をするパーソン・ナースくんのように引き続き歩き回っておるパーソンなどはそれほど酷使される筋だ。

 

また、筋肉の疲れに関しても気付きにくいのが特徴です。これらの筋は速い筋に比べ、筋断面積も激しく、伸張された際に攣縮を起こすと動けなくなってしまいます。

 

立場を保つべき筋肉が攣縮を起こしてしまうといった立てないですよね。ここで足がつるには体の裏にある筋肉のオーバーワークにて引き起こされているという事です。

 

その為、体の裏側の筋肉をストレッチングする事が重要です。

 

体の後ろも千差万別ふくらはぎを特徴的に使用している方もいれば、お尻を特徴的に使用している人もいるので個人差があります。

 

筋が疲労しているって押してみると疼痛が生じたり、気持ちよかったりします。

 

足がつる,ストレッチング

 

それを各個人で確かめて自分のどこが疲れているか分かる事が重要です。ここでは、体の後ろトータルに効くストレッチングをグループ紹介します。

 

予め座っている立場で徒歩を前にだし、膝を伸ばします。徒歩の踵は付けた具合・膝は伸ばした具合をキープしながら骨盤を起こします。

 

腕の後々で爪先を触れるようにカラダを起こしていきます。膝の背面・お尻・ふくらはぎに気持ちよさを感じるところで終わり、10秒キープします。

 

こういう気持ちよさは疼痛を10とした時に6次元を目安にしてください。

 

これにより、ふくらはぎのヒラメ筋・腓腹筋、膝の背面の膝窩筋、大腿のハムストリングス、お尻の大殿筋がストレッチングにかけられます。

 

それを3セッティング行います。入浴下など筋が緩んでいる時に効果的です。また、寝る前などに行うと、寝起きの徒歩のつりにも効果的です。

 

足がつるTOPへ